spring breeze

c0059463_23594117.jpg

2004年Yukonにて撮影



結果が、最初の思惑通りにならなくても、
そこで過ごした時間は確実に存在する。
そして最後に意味をもつのは、結果ではなく、
過ごしてしまった、かげがえのないその時間である。

・・・中略・・・

何も生み出すことのない、ただ流れていく時を、大切にしたい。

あわただしい、人間の日々の営みと並行して、
もう一つの時間が流れていることを、いつも心のどこかで感じていたい。


「旅をする木」 星野道夫著。ワスレナグサの項より抜粋







星野さんの文章を読んいで、ハッと写真を探したのはつい最近の出来事で。

岩の間にひっそりと咲いていたワスレナグサ
ユーコン滞在中に撮影したはずなのに、とうとう、その写真は見つからなかった。


けれど
日本の花屋で売られているような豪華な株ではなかったこと、
気付かずに通り過ぎてしまいそうな、その可憐にたたずむ姿を自分の目がしっかり覚えている。

それで、いいのだ。




春は必ず来る。
[PR]
by yukon-yuko | 2008-02-29 00:15 | etc.
<< ひな祭り それ、どこ? >>