2月に観た映画のこと

c0059463_10401030.jpg
ベンジャミン・バトン

観たのは2月になります。遅ーい報告です。


80歳代で生まれたベンジャミンが、年齢を重ねるごとに
若返っていく。


若返りすぎた、よちよち歩きのベンジャミンと手を繋ぐ彼女の後姿。
その終わり頃のシーンに、ぐっときました。




永遠に続くものは、どこにも無い。
生まれて、それから死ぬ時には、何も持っていけないんです。

同じく2月に執り行われた叔母の葬儀で
あの世界でも困らないようにと、棺にお金を入れていたSさんの姿や
好きだった本を数冊、、、
一冊でも多く入れようとしていた孫達の姿をぼんやり思い出しました。
そう、旅立つ時にはそれくらいしか持てないんです。


それから
隣家のおばあさんが亡くなりました。
二人で暮らしていた息子さんは、今は1人暮らしになったのだけど。
毎日、どんな気分だろうかと、、、ちょっと思ってしまいます。


今を大事に生きないとね。

他人からの恨みつらみまで、持っていかないように。
愛だけ持って旅立ちたいものです。
[PR]
by yukon-yuko | 2009-05-05 11:01 | 本&音楽&映画
<< 口のカーテン さくら >>