やっぱり猫が好き

15年?いや、もっと以前にフジテレビの深夜に放映されていた番組が再び登場することになったようだ。タイトルは「やっぱり猫が好き」4/4(月)の深夜0:35~放映。
もたいまさこ・室井茂・小林聡美が演じる三姉妹が交わす会話が、とっても可笑しい。
私も三姉妹で、真ん中の位置にいるので、私は室井茂さんの役どころ?!
その昔、実家に姉妹が一緒に暮らしていた頃は、この三姉妹に似た可笑しい会話もしていたっけ。いやいや、この三姉妹には負けるなー、やっぱり。
[PR]
# by yukon-yuko | 2005-03-30 12:04 | ワタクシ

桃色

c0059463_20255599.jpg桃の花が咲き出した。‘桃色‘という言葉がぴったりの色だ。
以前TVでどこかのデザイン事務所を紹介していた。
その事務所では、スタッフ同士が色を伝え合うのに、自然界にある色の名前を使うことが多いという。「みかん色」と伝えれば、その色を出すために、赤・黄・茶などの色をどれ位配合するかを頭に浮かべることが即座に出来て、更に、色見本帳では出せない微妙な色合いを出せるらしいのだ。
そのことを思い出して、しばし、桃の花色を見つめてしまった。
[PR]
# by yukon-yuko | 2005-03-28 14:49 | etc.

イースター(復活祭)

キリスト教徒ではありませんが、昨年カナダに滞在中、イースターエッグ作りに挑戦しました。キリストが登場する前の2000年以上の昔、人々は「大きな力が卵に存在する」と信じ、卵に色や絵を着けて装飾していました。その当時の人々にとって卵は、長い冬の束縛から地球を解放し、新しい希望、新しい生活、繁栄を約束する春の始まりを象徴していました。
イースターエッグは、現代では主に、親しい友人と贈り物として交換したり、飾り物として使われています。 古代から伝えられているワックス-防染剤処理法と呼ばれる、ろうけつ染と同じ手法で(鉄筆(キストカ、 kistka と呼ばれる。ウクライナが起源)を使 い卵にワックス(蜜蝋)を付け、様々な色の染料に卵を浸します。
例]赤い染料に卵を浸す時に、蜜蝋で書いた線や模様が赤く染まります。
線や模様を書上げ、最後にワックスを取り除くと、あーら不思議。それまで浸したすべての色が現われます。私の場合(写真:紺色)、毎日30分で一週間掛かりました。

3/21の春分の日が過ぎた次の満月の後にくる初めての日曜日、今年は3/27がイースター・サンデーです。

注意「復活」する為には、生卵でなくてはいけません。ゆで卵を使ったり、ゆでて食べちゃいけませんよ。
c0059463_21285077.jpg
c0059463_2129167.jpg
[PR]
# by yukon-yuko | 2005-03-25 21:51 | 作る

発音

歯列矯正を始めて、はや8ヶ月目。

私の上あごは、下あごよりも小さく、その為歯並びも悪かった。
矯正を始める前は、受け口(下前歯が上前歯よりも出っ張っている)だったのだ。

上あごの裏側に二重のワイヤーを回し、上あごを広げること7.5ヶ月。
昨日やっとその装置が外れた!&サラバ受け口!

その装置が装着されていたので発音が苦手だった、さ行・た行・な行・ら行の
日本語の音も、ベラベラ喋べれちゃうもんね!

英語のLやRやSの発音もスーラスラだもんね!う、嬉しいぞぉ。(ToT)

でもあと2年近くは、歯の上下表面のワイヤー装置は外せないんだけどさっ。
[PR]
# by yukon-yuko | 2005-03-24 13:11 | 歯列矯正

Under a full of moon.

c0059463_14245890.jpg


In midnight, I could see light of green in the dark sky.
I run to the trail for taking photos of northern lights.
But the day was bright full moon.
On nights with a full moon, northern lights can't appear.
Because light of a full moon has dazziling brilliancy and flap out for it.

We never sensed at well-lighted night sky in downtown.


真夜中、暗い空に緑色の光が見えた。
オーロラの写真を撮るためにトレイルへと走ったが、その日は明るすぎる満月だった。
満月のもとではオーロラは現れない。
眩しいほどの月明かりは、オーロラの光をかき消してしまうのだ。

明るい都会の空では、そんな光があることさえ分からないけれど。
[PR]
# by yukon-yuko | 2005-03-20 15:33 | カナダ

ウーマン アローン

カナダ横断の旅をしていた際、ユースホステルかバックパッカーズの安宿を泊まり歩いていた。旅の終盤、モントリオールのユースホステルに泊った時に同室した大阪出身の子と友達になった。その友人が、一緒に読んで妄想しようよ!と最近教えてくれた本です。

「アラスカ物語」新田次郎著を読んだ作者が、その実在の人物であるフランク安田・主人公に会いに行く為に、カヌーで川旅を始めました。
単独のユーコン川。人が自然に住まわせてもらっているという感覚がよみがえる場所。
旅の目的であった人物の墓の前に、彼女がたどり着いたときはホッとしました。

この本は、開高健ノンフィクション大賞を受賞しています。
c0059463_14174789.jpg

[PR]
# by yukon-yuko | 2005-03-17 14:12 | 本&音楽&映画

紅梅

c0059463_1459292.jpg
庭の梅の花が咲き出した。
甘い香と淡い紅色。
高台に登る為に、野良猫達が
この梅の木を通り道にしている。
猫も春を感じてるのかな?
[PR]
# by yukon-yuko | 2005-03-12 14:59 | etc.

師匠

 今日は、師匠の月命日です。久し振りに、お話しに行ってみますか!と、ブーンと車で
直ぐそこのはずなのに・・・。道に迷うこと3回。
北国で暮らしている6年の間に、高架橋道路が建設され、見慣れない建物が立ち並び、
母校の高校がある付近の道路は、2車線から4車線に変化していたのだ!
なんとも言えず、ただキョロキョロと景色を見ながら運転した。
 行きすがら、つぼみだった花は開き、やっとたどり着いた師匠に花屋で目が合った
白とピンクのチューリップを供えた。
 忘れちゃいませんよ、酒!と、月桂冠のワンカップをプシュッと開けて、つまみに季節の
桜餅を添えた。あ、そういえば、甘いものは全く食べなかったな・・・。まあ、いいか。
たまに食べると、美味しいよ、どうぞどうぞ。と、ズズズイっと師匠の目の前に置く。

若:おい!お前の酒はどうしたんだ?
ワタシ:車ですから、飲めませんよォ。
若:フン、付き合い悪いなー。
ワタシ:そういう問題じゃないでしょー。     などと、ニヤニヤ楽しく会話は弾む。

 帰り際、遠くから師匠に手を振ろうとした時、彼の傍らに小鳥がとまった。
あれー、その子、友達なの?その問いかけに、本物の彼の声は聞こえなかったけれど、
傾きかけた陽の中で、にっこりうなずく彼の笑顔が見えた気がした。
[PR]
# by yukon-yuko | 2005-03-10 20:34 | etc.

帽子

c0059463_17211123.jpg
泊めてもらったお礼に
愛ちゃんに毛糸の帽子を編んだ。
耳まで暖かくなるように、
長めにしたよ。
北海道はまだまだ冬で、
なまら しばれるからね。
[PR]
# by yukon-yuko | 2005-03-09 17:21 | 作る

Yukon

久しぶりにYukonで出会った友人に会った。
渋谷で会った。大都会でYukonの話をした。
あの場所で実際にあった出来事は、夢の中の
ことのようで、しばし、気が遠くなった。

またあの土地を歩けるのは、何時になるだろう。
[PR]
# by yukon-yuko | 2005-02-17 20:54 |