<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

正しいしつけ

犬のしつけに悩んでるなんてことを、
北海道やカナダの友達が知ったら、
目を丸くして驚くだろうね。。。


自分は犬に慣れている。しつけも出来る。
そう思っていた。

けれど
ウチの桜はその性格から、世間で一般的に知られている「しつけ」を当てはめられない。
ということに、飼いはじめて1年が過ぎてようやく気付いた。

家の中では賢くて、叱る必要が無い。(室内飼いです)
吠えないようにしつけたので、滅多に吠えることもない。

じゃあ何が問題かというと、何回か投稿したことがあるけれども。
  外が怖い
  外に出るとブルブル震える
  車、バイクが怖い
  子供も苦手
  ボールの跳ねる音(小学校の校庭で遊んでる音)が怖い
  風に揺れる広告旗も恐怖
外にあるもの全てが怖いのだ。

そんなんだから、散歩は大嫌い。
散歩の用意をはじめるとハウスに逃げるし、リードを見ると更に奥へ逃げる。

こんな犬、私は今まで見たことが無かったよ。
私の知ってる犬たちは、
散歩の用意をする私にくっついてきたり、リードを見たら、ものすごく喜んだ。

桜はまるで、ど反対。
どうすりゃいいんだ?と悩んだ。(ま、今も悩んでるけどね)
当然のごとく、犬のしつけ本やドックトレーナーに頼った。

怖いものを避けずに、それに向かっていけ!そうすれば慣れると教えられ、
毎日交通量の多い道路を散歩した。
その道すがら、数十分歩道に桜を立たせて車や人をたくさん見させた。

そうして、1年が過ぎたけれども、ちっとも効果が見えず。
なんとまあ。外に慣れるどころか、もっと、物凄く外が嫌いになってしまったのだ。

こちらとしては、もうね、とほほな気分だよね、そうなると。
毎日の散歩が苦痛だし、桜との関係も悪化。
落ち込んで寝込むことも多々あった。

そんな中、Webを検索していた時に見つけたサイトに救われることになったのだ。
http://charlie1210.blog113.fc2.com/

先日、そのドックトレーナーの主催するお散歩トレーニングに行ってきた。
外でこんなにリラックスした桜を見たのは初めてで、感動して写真を撮った。

c0059463_12174277.jpg



もちろん、今も継続的にお世話になっている犬の保育園のドックトレーナーが
間違ってる!と言っているのではないよ。
普通のやり方でしつけが出来る犬は、普通に世間にいわれている訓練でしつければいい。

でも、桜は違うんだね。
犬それぞれに合った訓練をした方がいい。
それを選ぶのは飼い主なのではないかということです。

犬友、ドックトレーナー、ご近所さん等々
あなたの飼っているのは、もっともオオカミに近い犬種の柴犬なのだから
もっと力強く支配的に躾けないといけないとか、
半年(歳)までにはココまで。成犬になるまでにはココまで躾けないといけないとか。
色んなことを色んな人に言われてパニクッていたのは、桜ではなくて自分なのだと気づきました。
そして、傷ついていたのにも気づきました。

しばらくは、このチャーリーママの方法でやってみようと思う。

「たくさんの意見は、良いと思えるものだけを採用して。いらない意見は、右から左へ。」
そうすればいいと言われて、スーッと気が楽になった。

たくさん甘えさせて、かわいがって、ちゃんと叱る。
そんな当たり前のことをする。

犬をしつけるんじゃなくて、飼主が懐の大きい心を持つ人へと育つことが
「正しいしつけ」に繋がるのだと思う。

焦らず気長にね。

最近はとても気分が良くなりました。
(ブログの更新が滞っていたのは、こんな状況だったからです)


↓ ここも読んでね

今朝
[PR]
by yukon-yuko | 2014-11-29 12:46 |