カテゴリ:建築 あるいは アート( 31 )

神奈川県立美術館にて

c0059463_2130376.jpg

神奈川県立美術館・鎌倉に、シャルロット・ペリアン展を12月半ばに観に行った。
学生の頃、そういえばこの美術館について勉強したな~。と思い出し(遠い目)

展覧会を見てるうちに、
あ!この椅子!この家具!このシステム家具!今の日本にはびこってるデザインだ!
このスツール、IKEAにもあるけど、そっか、IKEAがマネしてるんだ!そっかー。
このシステム家具、コクヨも無印も知らず知らずこのマネしてたのね!

なにせ、只今再勉強中。
色々発見して新鮮で楽しいのだ。

ああ!そっか、この美術館を設計した板倉さんとシャルロットさんは
コルビジェの元で学んだ同僚だったのかー。
この美術館で、同僚の展覧会が行なわれるなんて不思議な縁だね。
学芸員さんたち、やるね~。(まるちゃん風)と、感心した。

神奈川近代美術館・葉山
[PR]
by yukon-yuko | 2012-01-08 21:44 | 建築 あるいは アート

ストローベイル ハウス (strawbale=藁の家)

知ってますか?

米わら、麦わら、蕎麦わら、なんでも良いです。
わらを押し固めたブロック(360x460x690-1000mm)を壁と見立てて積んでいく家です。
3匹の子豚の話を思い浮かべてしまいますね♪

c0059463_13293277.jpg
本はamazonで売ってます↑

残念ながら、日本では一般的に知られていません。
建築基準法で、建てられる土地はとっても限られてしまいますからね。


ユーコンに建っているお宅を拝見したり、本で見たりしたけれど
ログハウス作りに手を染めた時と同様に、
実際に手を動かさないと分からないよ!と意気込んで(笑)
横浜の戸塚にある善了寺で開かれているワークショップに参加してきた。

それは11月20日。大雨の日。寒かったけど。

c0059463_1354929.jpg


その日の工程は、土壁塗り。
土壁の材料を作る人、塗る人、それぞれに別れて練習→作業。

大雨で写真はちっとも取れなかったけど、左官作業の腕は上がりました。(ピース)
二日連続で参加するつもりが、体調が悪くなってしまったので、、、
次の日(快晴だったのに!)はお休みしました。(泣)



スロー建築。
自然と共生する建築。建築の材料が地産地消できる建物。
私がとても興味のある建物です。
ストローベイルもその内のひとつです。

スライドショー
[PR]
by yukon-yuko | 2011-12-05 07:34 | 建築 あるいは アート

ヘルメットなのだ

ヘルメット
昨夜と今日と、連続して放映されている黒部ダムのTVドラマ。

そういえば、新人社員研修時に教えられたような・・・
うむむ、遠い昔。あいまいな記憶。


トンネル工事には、つきものの全面つばつきのヘルメット!うわ~、心躍るね~~。
ドラマで見れる懐かしいマークに、にやにやした。

それは ↓

が回転して、九つ。
=クマ(おやじギャクだー)

More
[PR]
by yukon-yuko | 2009-03-22 19:52 | 建築 あるいは アート

納品したぞ~!

c0059463_2221162.jpg少しでも早く届くようにと、横浜で一番大きい郵便局まで行った帰り。

ほぉ~~っと 一息ついた。


このあと、基本計画の続きを頼まれるのかどうかは、分からないけど。

でもさ、やったぞ!と
満足なのだョ。


今夜は久々にたくさん眠れるゥ~~。(喜)
[PR]
by yukon-yuko | 2008-11-07 22:32 | 建築 あるいは アート

そうだ、雑草でも良かったんだよね。

c0059463_144421.jpg
2008年6月Whitehorseにて


学生の頃の話だ。
授業中にアンケート用紙が配られた。

将来は、どうしたい? その問いに

絶対に有名(な建築家)になってやる。 そう答えた。


あの頃は
劣等感、焦燥感、何処に誰に ぶつけたらいいのか分からない怒り、
たくさんのカタマリを抱えていた。
血の気の多い、多感な時期だった。

だから、握りこぶしで
有名になって見返してやるんだ と、そう思っていた。


普通に、地道に生きることが大事なんだということは
随分後になって分かるけれど、、、

そしてI先生は
[PR]
by yukon-yuko | 2008-10-09 14:42 | 建築 あるいは アート

性分なのかなァ。

c0059463_23462847.jpg

夕日が照明になりました。オレンジ色。


今 手伝っているのが、企画の仕事。
私はCADオペレーターの立場である。
だから、どうにでも距離を置く事が可能なのかもしれない。
けれど、気付くと、”前のめり”になっちゃってる自分が居て・・・

実家から近い場所で、私の散歩コースのすぐそばなのに
”どうしても’そこの場所’が頭の中に思い浮かばないーーーっ”
って、少々焦り気味。
(どうして焦ってるのか、よく分からないけれど。ハハハ)

なので今日は、現地を見に行ってしまいました。
やっぱりさっ、その土地を見ないと~!と
グロッキーな朦朧とした頭で、出掛けました。

写真を撮った建物の近くに
現在企画のお手伝いをしている”建物”が建ちます。


守秘義務がある為に、場所は申し上げられませんが。ご了承を。
[PR]
by yukon-yuko | 2008-02-16 23:55 | 建築 あるいは アート

危険だった・・・

c0059463_23375885.jpg
この写真の前方中央にある真っ黒な部分(夜空では無い)、
道の中に存在しているものですが、何だか分かりますか?

同じ視線で、もう少し近づいて見ましょう
[PR]
by yukon-yuko | 2007-12-13 00:06 | 建築 あるいは アート

卒計

c0059463_1464287.jpg


またまたダンボールに埋もれながら生活しておりますが。
そんな片隅に、卒業設計を見つけた。

卒計のタイトルは、「 牧場で 飼う(cow)
     うーーん、だじゃれてる・・・(^_^;)
想定敷地は、北海道の別海町。
牧場の設計をしたのだ。

サイロのつくり、牛の収容数、育成牛舎&育成牧場、
搾乳の器具、色んなことを調べるために
国会図書館にまで行った。
    一生懸命だったなァ !(^^)!

何を隠そう!
[PR]
by yukon-yuko | 2007-11-10 15:07 | 建築 あるいは アート

作品

c0059463_1229391.jpg


白井晟一の設計した建物の見学に
留寿都(ルスツ)まで行った。

正面側はレンガ仕上げ、
その反対側から見るとまったく違う表情となるこの建物は
ある企業所有の山寮(宿泊施設)で
石やレンガを使うことの多い彼らしい作品。

この建物が建てられたのは、何十年前なのか
手元に資料が無いので確かではないけれど
戦後~それ以上前のものではないだろうか。

テーブル、椅子、照明、扉、手すり子、
全てに気を抜かずに彼のデザインが施されており
すばらしかった。

特別に内部を見せていただき
大変感謝をしたと共に、心洗われる日でした。


写真撮影は駄目ですよ、と言われつつ・・・パチリ
すみません、一枚だけ!最近ネタ切れなものでして、、、ブログに使わせて下さい!

[PR]
by yukon-yuko | 2007-10-10 12:29 | 建築 あるいは アート

シックハウス シックオフィス

一昨日の日曜日、北海道アトピー環境研究会
(正式名称:アトピー性皮膚炎など室内環境が関係する疾患への対策研究会・北海道)
が主宰する講習会に行った。

この会は、まだ”シックハウス”なんて言葉もなかった頃
14年前に発足した。

発症した患者の症状が、少しでも軽くなるように
室内環境を改善できないだろうかと
ある皮膚科の医師が、ある建築屋に声を掛けた。
それが始まりだったそうだ。

そして今では医師達のサポートをする為に
建築班、ダニ・カビ班、科学班が連携して、患者宅のお宅や職場を調査している。

More
[PR]
by yukon-yuko | 2007-08-21 09:30 | 建築 あるいは アート