いろいろな顔

私が知っている友人の多くが、そうだというだけで
カナダ人が全てそうだとは言えないが。


日本という国の国民が持っている生き方
(”その道一筋”が正しい道だ!と教育されている)と
彼らの生き方は違う。
生き方の多様性が存在し、許容され、溶け合っている。


例えば
・夏と冬とでは、職業が違う
・本職を成立させるために、副職を持っている
・その他いろいろ生き方がある
のだ。

これは、北に存在する国でも、
更に北に住んでいる彼らの生活スタイルなのかもしれないのだが。

しかし
副職だからといって、決して手は抜かない。
私から見たら、どちらが本職で、どちらが副職なのかさえも区別がつかない位に
真剣に働く。

例えば友人GDは、Falafelを売っているが、本職はフォトグラファー(写真家)だ。
私はそう思っている。実際、彼の写真は素晴しい。

友人Sは、大学で講座を持ち、教えているが、本職はファーマー(農家)だ。
大きく開催されるようになったファーマーズ・マーケットは
彼女と3人の女性が主宰している。


どちらの生き方が正しい。
なんて判断は、誰にも出来ないのではないだろうか。

どちらも、どれも正解なのだと思う。


いいじゃないの♪
たくさんの顔があっても。

その人と、その周りの人が笑顔でいられるのなら。




c0059463_0162217.jpg

極北の地では
6月からの二ヶ月の間にしか植物は成長できない。
8月から冬を迎えるために。

それでも毎年着々と、たくましく芽は育つ。
[PR]
by yukon-yuko | 2008-06-13 09:00 | カナダ
<< クロッカス 夏の顔 ファーマーズ・マーケット >>